「内閣不信任案提出なら いつでも解散打って出る」二階幹事長

内閣不信任決議案をめぐり、自民党の二階幹事長は、野党側から提出された場合は、直ちに衆議院を解散すべきだとする考えは変わらないとしたうえで、「いつでも解散に打って出る決意はある」と強調しました。

今の国会の会期末が今月16日に迫る中、内閣不信任決議案について、立憲民主党の枝野代表は5月31日「提出の可能性はゼロではない」と述べ、新型コロナウイルスの感染状況も見極めながら提出を検討していく考えを示しました。

これについて、自民党の二階幹事長は1日の記者会見で、決議案が提出された場合は、直ちに衆議院を解散すべきだとする考えに変わりはないかと問われたのに対し「われわれの発言は、コロコロ変わるものではない」と述べました。

そのうえで「いつでも解散に打って出て、国民の真意をうかがいながら、政治に真剣に取り組んでいきたいと考えている。直ちに解散の決意はある」と強調しました。

一方、緊急事態宣言が出ている中で解散することについては「周囲の意見を聴いたうえで判断したい」と述べました。

政治とカネ「きれいになってきているのでは」

また、二階氏は、政治とカネをめぐる問題について「政治とカネの問題は、ずいぶん、きれいになってきているのではないか。マスコミも一般国民の皆さんも評価していただいてしかるべきだ。カネを使って選挙をやりたいと思ってる者は自民党にはおらず、真摯(しんし)に向き合っていきたい」と述べました。