サッカー日本代表 ジャマイカ戦中止 選手10人航空機搭乗できず

3日、サッカーの日本代表と札幌市で強化試合を行う予定だった、ジャマイカ代表の選手10人の入国が遅れたことから、日本サッカー協会は、この試合を中止すると発表しました。ジャマイカの選手たちは新型コロナウイルスの陰性証明書に不備があるとして、航空会社から日本に向かう便への搭乗を断られたということです。

サッカーの日本代表は3日、ジャマイカ代表と札幌市で強化試合を行う予定でした。

しかし、日本サッカー協会によりますとジャマイカ代表の選手、20人のうち、ヨーロッパなどのチームに所属する10人が、新型コロナウイルス対策のため義務づけられた試合の3日前となる31日までに入国できなかったということです。

10人のうち8人が、PCR検査の陰性証明書に不備があるとして、オランダの空港で航空会社から搭乗を断られたということです。

これによって、3日の試合にジャマイカは10人しか出場できなくなったため、日本サッカー協会は試合の中止を決めました。

ジャマイカ代表は6月12日にも愛知県で24歳以下の日本代表とも対戦する予定で、選手たちは検査を受け直して来日できるよう調整しているということです。

日本サッカー協会の田嶋幸三会長は「足止めになった選手と直接話ができていないので、どのようなやり取りがあって搭乗できなかったのか、具体的に聞いていない。何が問題だったかを確認したい」と話していましいた。

これに伴い、日本代表は3日、札幌市で24歳以下の日本代表と試合を行うことになりました。

遠藤航選手「すばらしい強化になると思う」

東京オリンピックに臨む24歳以下の日本代表は今月5日のガーナ代表と、12日には年齢制限のないジャマイカ代表との強化試合を控えています。

ジャマイカ戦の中止を受けて、年齢制限のない日本代表との試合が加わることについて、選手たちは31日夜の食事中に伝えられたということで1日、急きょ札幌市に移動しました。

24歳以下の日本代表は札幌ドームでの試合を終えたあと、4日に福岡市に移動して5日のガーナ代表との試合に臨むことにしていて、過密なスケジュールになります。

オーバーエイジ枠として参加している遠藤航選手は「すばらしい強化になると思う。メンバーを代えれば中1日でも問題なくやれる。メンバーの最終選考という意味でも全員が試合に出るチャンスが増えるので、ポジティブに考えている。チーム内でさらにいい競争ができると考えている」と前向きにとらえていました。

また、ミッドフィルダーの三好康児選手は「試合ができることへの喜びが大きい。試合が多くなる分には僕らがアピールするチャンスが増える。最後の選考に向けてここでアピールできなければメンバーに入っていけない」と話していました。