【ツイート全文掲載】大坂なおみ 全仏オープン棄権 その真意は

テニスの大坂なおみ選手が自身のツイッターで全仏オープンを棄権すると表明したコメントの全文です。

私が撤退することが最善だと思う

これは、数日前に投稿したときに想像も意図もしていなかった状況です。パリでの大会に誰もが再び集中できるように、大会やほかのプレーヤー、そして私自身とって、私が撤退することが最善だと思います。

私は注意をそらすことを望んでいたわけでは決してありません。そしてタイミングが理想的でなかったことや、メッセージをもっと明確にできたかもしれないことは受け入れます。もっと重要なことは、メンタルヘルスを軽視したり、この用語を軽く使用したりすることは決してないということです。

真実としては、2018年の全米オープン以来、長い間、気分が落ち込むことがあってそれに対処するのに本当に苦労しました。

私は内向的な人間 不安軽減のためにヘッドフォン着用

私を知っている人は誰でも私が内向的な人間だと知っているし、トーナメントで私を見た人は誰でも、私が不安を軽減させるためによくヘッドホンを着用していることに気付くでしょう。テニスに関わるメディアはいつも私に親切でしたが、(私が傷つけたかもしれないすべてのクールなジャーナリストに謝罪したいです)私はもともと人前で話せるような人間ではないし、世界中のメディアと話す前には大きな不安の波に襲われます。

インタビューでベストな回答にすることはいつも大きなストレス

本当に緊張していて、いつもインタビューに応えて、ベストな回答ができるようにすることはいつも大きなストレスです。それで、ここパリではすでに傷つきやすい状態で不安を感じていたので、セルフケアをして記者会見をスキップした方がいいと思いました。

ルールが部分的にかなり時代遅れだと感じていた

ルールが部分的にかなり時代遅れだと感じていてそのことを伝えたかったので先んじて表明しました。私は個人的に大会側に謝罪の手紙を書いて、四大大会というのはハードなので大会のあとで喜んで話しをすると伝えました。

少しの間 コートから離れるつもり

私は今、少しの間コートから離れるつもりですが、しかるべき時が来たら私はツアーと協力して選手や記者、そしてファンのために物事をより良くする方法について話し合いたいと思っています。

とにかく、皆さんが元気で安全であることを願っています。皆さんを愛しています。またお会いしましょう。