謎のヒット「大宮ガチャ」とことん地元密着 さいたま

さいたま市の大宮のご当地スポットなどのキーホルダーが入った「大宮ガチャ」が、予想を超える売り上げとなり、話題となっています。

ことし3月に販売を開始した「大宮ガチャ」は、大宮の魅力を広く知ってもらいたいと、商業ビルの運営会社などが企画したもので、大宮の名所、氷川神社の参道や大宮駅前の商業施設、それに盆栽の街にちなんだキャラクター「ぼんサイくん」など、大宮の街にこだわった8種類のキーホルダーが入っています。
1か月で1000個を目標に販売を開始しましたが、わずか2日間で売り切れ、その後、2か月間で5000個を超えました。

人気の原動力になったのは、ツイッターで「ラインナップにテンションあがる」「郷土愛が強い」など、地元にとことんこだわっている点がおもしろいと評価する声や、自分が引き当てた商品の画像の投稿が相次ぎました。
中でも人気なのが、24時間営業が売りの老舗の喫茶店「伯爵邸」です。

今は、新型コロナウイルスの影響で、喫茶店は午後8時までの時短での営業となっていますが、今回のガチャはコロナ禍のなか、地域の明るいPRにつながると期待を寄せています。

「伯爵邸」オーナーの宮城正和さんは「最初、ガチャというのはどんなものかわからなかったが、30代から50代の人たちもやっていて、大宮の宣伝のためにはすごくいいと思う」と話していました。

大宮ガチャを企画した「アルシェ」の中島祥雄社長は「ヒットするとは思っていなかったので『謎のヒット』という言い方をしている。われわれが、ほしいと思ったものが共感してもらえたことと、大宮のことを大好きな人が想像以上にたくさんいたことがうれしかった」と話していました。
1日は、第2弾が発売され、旧大宮市のキャラクター「こりすのトトちゃん」や、今はなき「中央デパート」など、とことん地元密着の8種類です。

大宮ガチャの人気の高まりを受け、観光協会もPRに協力することになり、SNSでの発信に一層、力を入れたいとしています。

さいたま観光国際協会観光事業課の大和田昌宏課長は「新型コロナの影響で、観光をPRするイベントができない中で大宮が話題となり、コロナが落ち着いたら、ぜひ行ってみたいと思ってもらいたい」と話していました。

売り上げの一部は、地域の文化振興のため、市に寄付されるということです。