競馬G1 日本ダービー 優勝は4番人気のシャフリヤール

競馬の3歳馬日本一を決めるG1レース、「第88回日本ダービー」が行われ、4番人気のシャフリヤールが優勝しました。

無敗での2冠が期待された1番人気のエフフォーリアは、ゴール直前でかわされ2着でした。

レースは東京 府中市にある東京競馬場の芝2400メートルのコースで行われ、17頭が出走しました。

4番人気のシャフリヤールは中段につけてレースを進めました。

そのまま迎えた最後の直線では、前方にほかの馬がいたためなかなか前に出られませんでしたが、進路が開けたあとは一気に前に出て、ゴール直前で1番人気のエフフォーリアをかわし鼻差で優勝しました。

2分22秒5のタイムは日本ダービーのレースレコードです。

先月の皐月賞を制し、無敗での2冠が期待されたエフフォーリアは2着、3着は9番人気のステラヴェローチェでした。

シャフリヤールの手綱を取った福永祐一騎手は「最高にうれしい。窮屈な展開でスムーズな騎乗ではなかったが馬の力に助けられた勝利だった。最後までわからないレースだった」と振り返っていました。

払戻金は、単勝が10番で1170円、枠連は1-5で1020円、
馬連は1番ー10番で1010円、
馬単は10番ー1番で3360円、
3連複は1番ー10番ー11番で8800円、
3連単は10番ー1番ー11番で5万8980円、
ワイドは
1番ー10番が450円、
10番ー11番が3880円、
1番ー11番が1030円でした。