大阪・関西万博に中国 イランなど参加表明

2025年の大阪・関西万博について、井上万博担当大臣は、新たに中国やイランなどから参加表明があったことを明らかにしました。

井上万博担当大臣は、記者会見で新たに、中国、イラン、ガーナ、ギニア、ルクセンブルクの5か国のほかAUC=アフリカ連合委員会から参加表明があったことを明らかにしました。

これにより、大阪・関西万博への参加表明は34の国と4つの国際機関となりました。

井上大臣は「中国の参加表明を大いに歓迎する。国際社会で大きな存在感がある国なので、それに見合うだけのすばらしい参加をしてもらいたい」と述べました。

一方、井上大臣は、台湾について「従来から万博の関係では招請を行っていない。大阪・関西万博に限らず、今までの万博でも主催国が同じように対応してきたと思う」と述べました。