“6人部屋に17人閉じ込められた”大阪入管収容の外国人が提訴

3年前、大阪出入国在留管理局で収容されていた外国人17人が6人用の部屋に24時間以上、閉じ込められていたとして、このうち4人がおよそ300万円の損害賠償を求める訴えを28日までに大阪地方裁判所に起こしました。

訴えを起こしたのはナイジェリアとパキスタン、それにペルー国籍の男性4人です。

訴えによりますと、原告を含む17人の外国人は現在の大阪出入国在留管理局に収容されていた平成30年6月17日の昼前、自由時間に6人用の部屋に集まって施設の医療体制の改善についての話し合いをしていた際、職員から自分の部屋に戻るよう指示されても拒んだとして、外から鍵をかけられ室内に閉じ込められたとしています。

部屋は電気を止められ翌18日の朝には大阪北部で最大震度6弱の地震が起きましたが部屋から出してもらえず、24時間以上がたった昼すぎになってようやく解放されたとしています。

4人は不当な監禁で精神的な苦痛を受けたと主張して、国に合わせておよそ300万円の賠償を求めています。

原告側の代理人の仲尾育哉弁護士は「施設側にも事情はあると思うが、このようなことをするかと思うぐらい収容の処遇として懲罰的な対応だ」と話しています。

大阪出入国在留管理局は「訴状が届いていないのでコメントは差し控える」としています。

17人が6人用の部屋に閉じ込められた経緯やその時の状況について原告の支援者や訴状は次のように説明しています。

17人は自由行動が許されている時間に1つの部屋に集まって医療体制の改善について議論していましたが、その途中で、自由時間が終わったということです。

そして職員から自分の部屋に戻るように指示された際に「もう少しで話し合いが終わるから待ってくれ」と頼んだところ、「すぐに戻らなければドアを閉める」と言われ、「戻りたいが話し合いが終わっていない」と答えると本当に外から鍵をかけられたということです。

閉じ込められた部屋の広さは20平方メートルほどで、横たわって寝るスペースがなく、電気も止められ、蒸し暑い梅雨の時期にエアコンを使うことができなかったということです。

また、翌日の朝に大阪北部地震が発生した際にも部屋から出してもらえず、職員に地震の対応について説明を求めても「ちょっと待って」と言われただけで、放置されたため非常に大きな恐怖を感じたということです。

閉じ込められている間、食事は差し入れられたもののスープなどの汁物は粉末状だったため、お湯がなく飲めなかったということです。

原告の男性たちを支援している団体「難民支援コーディネーターズ関西」の岩田賢司さんは「『収容者の要望を聞かない体制』はことし3月に名古屋出入国在留管理局で収容中に亡くなったスリランカ人の女性のケースと同じで、自分たちの言うことを聞かないと報復するリンチに近い対応だ」と話していました。
原告の1人で、おととし仮放免されたナイジェリア人の男性は、電話取材に対して「監禁の最中は極度の疲労でめまいがあり、地震が起きたときはパニックで大きな恐怖を感じました。『相手が日本人でも同じ対応をするのか』と言いたいし、外国人も同じ人間で、人権を守ってほしいです」と話していました。