丸川五輪相 米専門家グループ“感染対策が不十分”に反論

アメリカの公衆衛生の専門家グループが、東京オリンピック・パラリンピックの感染対策が不十分だとする見解をまとめたことについて、丸川担当大臣は、事実誤認に基づく指摘だと反論しました。

東京オリンピック・パラリンピックの新型コロナウイルス対策について、アメリカの公衆衛生の専門家グループは、不十分だとして改善を求める見解をまとめ、医学誌に発表しました。

丸川担当大臣は、記者会見で「明確な事実誤認や誤解に基づく指摘が見受けられる。論文では、アスリートへの検査頻度が明確でないとしているが、感染防止のためのルールをまとめた『プレーブック』には、原則として毎日検査を実施すると明示してある」などと反論しました。

そのうえで「論文は大会の中止を求めるものではなく、開催するための緊急の行動が必要だという趣旨で書かれているものだと認識している。国内外の専門家に対策が正確に伝わるよう、丁寧に説明をしていきたい」と述べました。