外国船籍の船と衝突 日本の貨物船が沈没 3人不明 愛媛県沖

27日遅く愛媛県沖の瀬戸内海で日本の貨物船と外国船籍の船が衝突し、転覆した日本の貨物船に乗っていた3人の行方がわかっていません。
海上保安庁は特殊救難隊を船内に潜水させるなど捜索にあたっています。

27日11時55分ごろ、愛媛県今治市の北西の来島海峡付近で神戸市の「プリンス海運」が運航する貨物船「白虎」およそ1万1000トンとマーシャル諸島船籍のケミカル船「ULSAN PIONEER」およそ2700トンが衝突したと通報がありました。

この事故で貨物船は転覆し、およそ2時間40分後に沈没しました。

今治海上保安部によりますと、貨物船の乗組員12人のうち9人が救出されましたが、船長の佐藤保さん(66)1等機関士の小川有樹さん(27)2等機関士の上畠隆寛さん(22)の3人の行方がわかっていません。
また、消防によりますと、救助された貨物船の9人はいずれも市内の病院に搬送され、命に別状はないということです。
「ULSAN PIONEER」には韓国籍とミャンマー籍の合わせて13人が乗っていましたが、船は沈没しておらず、けが人はいないということです。

海上保安部によりますと「白虎」は27日午後4時半に神戸港を出港し、28日午前5時半に福岡県の苅田港に入港する予定でした。

現場では潮の流れが弱くなる28日昼前に海上保安庁の特殊救難隊が沈んだ船への潜水をはじめたほか海上保安部が巡視艇を出すなどして行方が分かっていない3人の捜索にあたっています。
所有している海運会社などのホームページによりますと「白虎」は去年しゅんこうの貨物船で、全長およそ170メートル、幅26メートルで、総トン数1万1454トンです。

船内は車両を積載できるようになっていて、荷物を積んだトラック809台、トレーラーの荷台の部分を113本積載できるとされています。

船舶の位置情報をもとに運航ルートを公開している民間のホームページ「マリントラフィック」によりますと、位置情報が最後に発信されたのは27日午後11時53分、来島海峡の西側で、当時の速度は16.8ノット、時速31.1キロでした。
「白虎」を運航していた「プリンス海運」は「現在、事故の詳しい情報を確認している」と話しています。

現場の海峡「海上交通の難所」

来島海峡は、四国と淡路島の間の鳴門海峡や、本州と九州の間の関門海峡と並ぶ「日本三大潮流」の1つとして知られていて、潮の流れの向きによって航行できる水路が変わる特殊な海峡です。

1日におよそ400隻の船の往来があり、周辺は事故が多い海域となっていて「海上交通の難所」とされています。

運輸安全委員会 事故調査官派遣へ

この事故で、国の運輸安全委員会は事故調査官3人を指名し、今後、現地に派遣して原因を調査することにしています。

海上自衛隊 救難艦を派遣

海上自衛隊は、第6管区海上保安本部長からの災害派遣要請を受けて、潜水艦救難艦の「ちよだ」を現場海域に派遣しました。

潜水艦救難艦には水圧の高い海中でも救助活動を行うことができる「救難艇」が搭載されていて、行方不明になっている貨物船の乗組員が発見された場合に備えるということです。

「ちよだ」は28日午前7時すぎに海上自衛隊横須賀基地を出港し、現場海域を目指しているということです。

韓国船会社「迅速に対応」

愛媛県沖の瀬戸内海で日本の貨物船と衝突した「ULSAN PIONEER」を運航していた韓国の「フンア海運」はNHKの取材に対し「迅速な収束と対処のため関係者と緊密に連絡を取り合っている。現地の代理店を通じて海上保安庁による救助活動に積極的に協力し、調査にも誠実に取り組んでいく」とコメントしました。

会社側の説明によりますとこの船は事故当時、大阪港に向かっていて、韓国人8人、ミャンマー人5人の合わせて13人が乗っていたということです。

フンア海運のホームページによりますと会社は1961年に設立され、日韓の間でコンテナ船やケミカルタンカーを運航し、現在は北東アジアや東南アジアを中心に事業を展開しているということです。