北海道 3人死亡衝突事故 双方の船長や乗組員から聞き取り

26日に北海道紋別市の沖合で、毛ガニ漁船とロシア船籍の運搬船が衝突し3人が死亡した事故で、海上保安部は双方の船の船長や乗組員から本格的に聞き取りを進め、海上での安全確認に問題が無かったか、引き続き調べています。

26日に紋別市の沖合で操業中だった毛ガニ漁船「第八北幸丸」(9.7トン)と、ロシア・サハリンのネベリスク船籍の運搬船「AMUR」(662トン)が衝突した事故では、漁船の乗組員のうち3人が死亡し、1人がけがをしました。

紋別海上保安部は27日、双方の船の船長や乗組員から事故に至った経緯について本格的な聞き取りを行いました。

また、紋別港では停泊中の2隻の船体を調べて損傷状況を確認しました。

今後、位置情報を検証するため、陸に引き揚げた漁船からGPSなどの機器を回収する方針です。

事故当時、現場の海域には霧がかかっていたということで、海上保安部は、安全確認に問題が無かったかどうかや、監視員の配置や航行ルートが適切だったか、さらに調べています。

一方、国の運輸安全委員会も事故の原因を究明するため、現地に船舶事故調査官を派遣し、28日に関係者への聞き取りを行うことにしています。