歌舞伎俳優 人間国宝 片岡秀太郎さん死去 79歳

上方歌舞伎を代表する女形として活躍した、人間国宝の歌舞伎俳優、片岡秀太郎さんが、今月23日、慢性閉塞性肺疾患のため大阪の自宅で亡くなりました。79歳でした。

歌舞伎俳優の片岡秀太郎さんは、十三代目片岡仁左衛門の次男として大阪で生まれ、5歳の時に初舞台を踏みました。

昭和31年に二代目片岡秀太郎を襲名し、上方歌舞伎特有のはんなりとした芝居を受け継ぐ女形として、多くの舞台で個性的な役柄を演じてきました。

また、平成9年には関西で活躍する歌舞伎役者を育成する「上方歌舞伎塾」を開講するなど、後進の育成にも力を入れてきました。

おととし、いわゆる人間国宝に認定され、この春、旭日小綬章を受章しています。

松竹によりますと、去年12月の京都 南座での舞台が最後の出演となったということで、今月23日、大阪 吹田市の自宅で慢性閉塞性肺疾患のため亡くなりました。

79歳でした。

片岡仁左衛門さんと片岡愛之助さんのコメント

片岡秀太郎さんの弟で歌舞伎俳優の片岡仁左衛門さんは「兄は当人の理想通りの最期を迎えられ、安らかに旅立ちましたことが私どものせめてもの救いでございます。生前、皆様から賜りましたご支援、ご厚情に深く御礼申し上げます」とコメントを発表しました。

また、秀太郎さんの養子となった片岡愛之助さんは「父は私を歌舞伎の世界に、そして、松嶋屋に入れて下さった大恩人で有ります。普段はとても優しいのですが、芝居の事になるととにもかくにも厳しい方でした。上方にこだわり上方の歌舞伎に情熱を注がれていました。これからもなお一層、秀太郎イズムを踏襲したいと思っております」とコメントしています。