ベラルーシ 旅客機強制着陸 国連安保理で協議も欧米と露が対立

旧ソビエトのベラルーシが旅客機を強制的に着陸させて反政権派のジャーナリストを拘束した問題について国連の安全保障理事会は対応を協議しましたが、ベラルーシを非難する欧米と擁護するロシアが対立しました。

ベラルーシの当局は23日、領空を通過していた国際線の旅客機を首都ミンスクの空港に強制的に着陸させ、搭乗していた反政権派のジャーナリスト、プロタセビッチ氏を拘束しました。

国連の安全保障理事会は26日、国際社会の安全に関わる事態だとする欧米各国の要請を受けて臨時の会合を非公開で開きました。

会合のあと、欧米のメンバー国を代表してエストニアのユルゲンセン国連大使が声明を読み上げ「民間航空の安全とEUの安全保障に対する露骨な攻撃であり、国際法を著しく無視した行為だ」として、ベラルーシ当局を非難し、プロタセビッチ氏の即時解放を求めました。

一方、ロシアは会合の後ポリャンスキー国連次席大使がみずからの発言の一部をツイッターに投稿し「どこで着陸するか決めるのは機長だ。政権を転覆しようという策略にはだまされない」として、ベラルーシを擁護するとともにベラルーシを非難する欧米を批判しました。

欧米側は「安保理が今回の目に余る国際法違反に声を上げることを望む」とする立場を示しましたが、ベラルーシの後ろ盾のロシアが反発したことで安保理が結束を示すことは難しい見通しです。