台湾 蔡総統 “ワクチン調達 中国の妨害で難しく”

台湾で新型コロナウイルスの感染が急拡大しワクチン接種の加速が課題となる中、蔡英文総統は海外の製薬会社からのワクチンの調達が中国の妨害でさらに難しくなっていると強調しました。

蔡総統は26日、みずからがトップを務める与党・民進党のオンライン会議に出席しました。

この中で蔡総統は新型コロナウイルスのワクチンの調達について「イギリスのアストラゼネカ、アメリカのモデルナ、ドイツのビオンテックと積極的に交渉し、アストラゼネカとモデルナからは購入できた。ビオンテックとは契約成立に近づいたが中国の妨害によって今も契約できていない」と明言しました。

ビオンテックのワクチンをめぐっては中国の製薬会社が台湾に提供する意向があるとされていますが、蔡総統は「製造元から購入してこそ品質と安全性が保証される」と述べ、中国からの提供は受けない姿勢を示しました。

今月中旬から新型コロナウイルスの感染が急拡大する中、人口2350万の台湾にこれまでに届いたワクチンは70万回分余りにとどまり、野党などから批判されています。

蔡総統は8月末までに台湾の複数の製薬会社が開発中のものも含め1000万回分は供給できると述べましたが、ワクチン接種の加速が課題となる中、中国が調達を妨害していると強調することで世論の理解を求めるねらいもありそうです。