京都 聖火リレー2日間 約100人が走り日程終える

京都府で行われた東京オリンピックの聖火リレーは26日が2日目で、新型コロナの感染拡大を受けて25日に続き亀岡市の会場で観客を入れず行われました。

京都府内の聖火リレーは緊急事態宣言の延長を受けて公道でのリレーが中止され、2日間とも亀岡市の「府立京都スタジアム」で、ひとり50メートルを走る形に変更されたほか、ランナーの家族などを除いて観客は入れずに行われました。

2日目の26日は午後1時半から始まり、第一走者の宇治市の中学3年生、山本眞維さんが笑顔で手をふりながら走りました。

そして、前回の東京オリンピックで聖火ランナーに選ばれながらも台風の接近でリレーが中止になったという京田辺市の板倉謙一さんや、日本将棋連盟の会長で八幡市に住む棋士の佐藤康光さんなどが聖火をつなぎました。

終盤にはいずれも京都市出身でメキシコオリンピックで銅メダルを獲得したサッカー元日本代表の釜本邦茂さんや、バルセロナオリンピックのアーティスティックスイミングで銅メダルを獲得した奥野史子さんなどがトーチを持ち替えながら一緒に走りました。

26日はおよそ100人が走り、午後6時前に最終ランナーが聖火皿に点火をして2日間の日程を終えました。