“スーパームーン” 3年ぶりの皆既月食 各地で観測

月が地球の影に覆われる皆既月食が3年ぶりに日本で見られました。26日はスーパームーンと呼ばれる、満月としては1年で最も地球に近づく日で、大きな月が欠ける様子が各地で観測されました。

皆既月食は太陽と地球と月が一直線に並び、満月が地球の影に完全に覆われる現象です。

26日は一般にスーパームーンと呼ばれる、満月としては1年で最も地球に近づく日でもあり、最も遠くにある満月と比べて見かけの直径が14%大きく見えます。

月は午後6時44分ごろから欠け始め、午後8時9分ごろから午後8時28分ごろまでのおよそ19分間、完全に影に覆われて皆既月食となりました。

皆既月食は晴れ間が広がった東北や北海道それに、小笠原諸島などの各地で観測されました。

東京 杉並区の施設の屋上では月食を観察する会が開かれ、新型コロナの感染防止のため参加者は消毒を徹底したうえで距離をとって望遠鏡をのぞくなどしましたが、上空には雲が広がったため月を見ることはできず参加者は月食の原理などについて話しを聞いていました。

この日のために小さな双眼鏡を用意したという小学1年生の女の子は「見えなくて残念です」と話していました。

そして、午後9時53分ごろに月は地球の影から出て今回の月食はすべて終わりました。

国立天文台によりますと、次に日本で皆既月食が見られるのは来年11月8日で、部分月食はことし11月19日に観測できるということです。

また、スーパームーンと言われる、満月としては地球に最も近づいた状態での皆既月食が日本で見られるのは12年後の2033年10月になる見込みです。