“スーパームーン”で約3年ぶりの皆既月食 その仕組みと時刻は

月が地球の影に覆われる皆既月食が、26日夜、3年ぶりに日本で見られます。
今回はスーパームーンと呼ばれる、満月としては1年で最も地球に近づく日にも重なっていて、注目されます。

皆既月食とは

皆既月食は、太陽と地球と月が一直線に並び、満月が、地球の影に覆われる現象です。
また、26日は一般にスーパームーンと呼ばれる、満月としては1年で最も地球に近づく日でもあり、最も遠くにある満月と比べて見かけの直径が14%大きく見えます。

いつ見られる?

国立天文台によりますと、月が欠けはじめるのは26日の午後6時44分ごろで、午後8時9分すぎから午後8時28分ごろのおよそ19分間にわたって全体が影に覆われる皆既月食となり、午後9時53分ごろに満月に戻るということです。
東京や仙台などでは、月が昇り始めた直後から欠け始め、それ以外の多くの地域では一部が欠けた状態で月が現れます。

そして、南東の空で皆既月食となる見通しです。

皆既月食の間の月は、見えなくなるのではなく、赤黒い色に見えるということです。

赤く見えるのはなぜ?

地球を包む大気の層が影響しています。

皆既月食は、太陽と地球と月が一直線に並び、月がすべて地球の影に入る現象です。

地球の影に入るため、月は暗くなります。

しかし、地球の周りには大気の層があり、太陽の光がこの層を通過する時、青い光が散乱し、赤い光だけが通ります。

この赤い光が屈折して月を照らすため、月は真っ暗にはならず赤黒い色に見えるのです。

今回は観測しやすい時間帯に

日本で皆既月食が観測できるのは2018年7月以来およそ3年ぶりで、前回は明け方だったため、今回の方が観測しやすい時間帯になっています。

専門家「宇宙の面白さに触れるきっかけに」

国立天文台の山岡均 准教授は「観察しやすい時間帯なので、天気がよければ南東の空が開けた場所で簡単に見ることができます。宇宙の面白さに触れるきっかけにしてほしいと思います」と話しています。

どこで見られる?

26日夜の天気は、西から雲が広がってきていて、九州では雨の降るところがありそうですが、関東から近畿、山陰は、雲の隙間から見られるかもしれません。

また北日本では、晴れて見られるところが多くなりそうです。
次にスーパームーンの状態で、日本で皆既月食が見られるのは、12年後の2033年10月です。