子ども用の紙おむつの自動販売機 奈良 田原本町の道の駅に設置

子ども用の紙おむつを購入できる珍しい自動販売機が奈良県田原本町の道の駅に設置されました。

この自動販売機は、子育て中の人が外出の時におむつを切らしても困ることのないように大手飲料メーカーと田原本町の道の駅が設置しました。
お茶やコーヒーなどの飲み物が販売されている自動販売機では、サイズが異なる2種類の紙おむつと、おしりふき用のシートを購入できます。
この大手飲料メーカーは、関西でおよそ2万2000台の自動販売機を設置していますが、このタイプを奈良県内に設置するのは初めてだということです。

道の駅を訪れた地元の30代の女性は「出先で急に必要になった時に小分けで買えるのは便利だと思う」と話していました。

関西キリンビバレッジサービスの松波裕幸大阪地区統括部長は「飲料以外の商品でも地域に貢献したいと設置した。子育て世代のお役に立てればうれしい」と話していました。
道の駅「レスティ唐古・鍵」の川合信行駅長は「県外のドライバーはもちろん、ちょっとしたお出かけで荷物を忘れた際にも気軽に利用してほしい」と話していました。