イラン大統領選挙 立候補認められた候補者7人発表

中東イランで来月行われる大統領選挙に立候補することが認められた候補者7人が発表され、欧米との対話に否定的な立場をとる保守強硬派の有力候補が認められる一方、核合意を進めたロウハニ政権を支えた政権幹部らは失格となりました。

イランでは、来月18日に任期満了にともなう大統領選挙が予定されていて、592人が立候補を届け出ていました。

イランの大統領選挙では、イスラム法学者などでつくる護憲評議会が、「イスラム体制に忠実か」などの条件に基づき資格審査を行うことになっていて、25日、内務省が結果を発表しました。

それによりますと、立候補が認められたのは7人で、欧米との対話に否定的な保守強硬派からは最高指導者ハメネイ師に近いとされるライシ司法府代表など、有力者が選ばれました。

一方、国際協調路線を掲げる改革派からは、メフルアリザデ元副大統領が選ばれました。

しかし、ロウハニ政権が進めた核合意を支持してきたラリジャニ前議長や、政権の中枢幹部は失格となりました。また、貧困層に人気があるアフマディネジャド前大統領も失格となりました。

イランのメディアは、ハメネイ師の信頼も厚いとされるライシ司法府代表が最有力候補だと伝えていて、欧米との対話路線をとったロウハニ大統領の支持層がどのような投票行動をとるかに注目が集まりそうです。

イランでは、長引くアメリカによる制裁で経済が苦境に陥り、核合意への失望感も広がっていて、選挙戦では国際社会とどう向き合うかなどをめぐって論戦が交わされることになります。

反米か協調か 揺れるイラン

イランでは、過去の大統領選挙でも反米色の強い「保守強硬派」と、国際協調を掲げる「穏健派」や「改革派」が政権の座をめぐり激しく争ってきました。

保守強硬派は、反米を軸にした外交方針や宗教を厳格に解釈した社会制度など、1979年のイスラム体制樹立当時からの国の在り方を堅持する立場をとってきました。精鋭部隊・革命防衛隊や宗教界を中心に支持され、最高指導者ハメネイ師の支持者が多いのが特徴です。

2005年から2013年まで8年間にわたって政権を率いたアフマディネジャド大統領は、保守強硬派から支持され、核開発を推進してアメリカやイスラエルとの対立を深めました。

一方、穏健派や改革派は、欧米との対話など国際協調を重視し、さらに改革派は、より自由な社会の実現も訴えています。都市部の中間層や富裕層、それに比較的若い世代から支持されています。

ただ、改革派は2009年の大規模な反政府デモで厳しい取締りの対象となり、当時の指導者らが軟禁状態に置かれるなど、大きく勢いをそがれる形となっています。

現在のロウハニ大統領は国際協調路線を掲げ、2013年の選挙で穏健派や改革派からの支持を受けて勝利し、2015年には、欧米などとイラン核合意を結びました。ただ、その後、アメリカのトランプ前政権が核合意から一方的に離脱してイランへの制裁を再開させると経済は悪化し、ロウハニ政権への失望を招きました。

去年2月の議会選挙では、投票率が40%台と歴史的に低い水準に落ち込む中、保守強硬派が7割以上の議席を獲得して圧勝し、ロウハニ大統領を支えてきた穏健派や改革派の議員は支持を広げられませんでした。