新リチウムイオン電池「全樹脂電池」の量産工場 福井 越前市に

脱炭素社会の実現に向けて次世代型の蓄電池の開発が注目されるなか、「全樹脂電池」と呼ばれる新しいタイプのリチウムイオン電池を量産する工場が福井県越前市に完成しました。

この工場は、次世代型のリチウムイオン電池の開発を進めている東京のベンチャー企業「APB」が京都市の化学メーカー「三洋化成工業」とともに越前市内に完成させ、25日、現地で開所式が行われました。

「全樹脂電池」は従来型のリチウムイオン電池の電極に使われていた金属を、すべて樹脂に置き換えたもので、従来型よりも軽くて2倍以上の電気容量があり、発火しにくいなど安全性も高いということです。

工場はことし10月から本格的に稼働する計画で、生産した電池は、海底ケーブルを検査する潜水艇の動力として採用が検討されているほか、風力発電など再生可能エネルギーの蓄電池としての活用も期待されているということです。

「APB」の代表取締役を務める慶応大学の堀江英明特任教授は「これまでのリチウムイオン電池に代わり樹脂のものが本流になってくると思う。福井県から高度化した技術を世界に届けていきたい」と話しています。