山陽道でトラックなど3台が関係する事故 2人死亡 岡山 倉敷

25日午後、岡山県倉敷市の山陽自動車道で、大型トラックなど3台が関係する事故があり、2人が死亡し、1人がけがをしました。

25日午後1時ごろ、倉敷市玉島八島の山陽自動車道の上り線で、「停止していた車に衝突した」と大型トラックの運転手から警察に通報がありました。

警察が調べたところ、これよりも先に乗用車とトラックが事故を起こし、高速道路の上で止まっていたところに大型トラックが突っ込んだということです。

一連の事故で、乗用車とトラックを運転していた男性2人が死亡しました。

また、大型トラックの運転手の30代の男性もけがをして病院に運ばれ、手当てを受けました。

現場は片側2車線のほぼまっすぐな道路で、警察は死亡した2人の身元の確認を進めるとともに、事故の詳しい状況を調べています。