気象庁3か月予報 “梅雨が長引くおそれも 災害への備えを”

各地で記録的な早さの梅雨入りが発表されています。
一方で、25日気象庁が発表した長期予報では、梅雨明けの時期は平年並みとされ、気象庁は大雨のリスクがある梅雨が長引くおそれがあるとして、今のうちから災害への備えを進めてほしいとしています。

気温高くなる予想も

気象庁は25日、3か月予報を発表しました。
気温の予想です。

6月の平均気温は
▽北日本と東日本、西日本で「平年並みか高い」、
▽沖縄・奄美で「高い」と予想されています。

7月と8月の平均気温は、
▽北日本と東日本、西日本で「ほぼ平年並み」で、
▽沖縄・奄美では「平年並みか高い」見込みです。

降水量 梅雨が長引くおそれも

降水量の予想です。

各地で記録的な早さの梅雨入りが発表されていますが、梅雨明けは平年並みとなる見込みで、大雨のリスクのある時期が長引く可能性があるということです。

6月の降水量は、
▽北日本、東日本の日本海側、沖縄・奄美で「ほぼ平年並み」
▽東日本の太平洋側と西日本では「平年並みか多い」と予想されています。

7月の降水量は、
▽北日本、東日本の日本海側で「平年並みか多い」、
▽東日本の太平洋側、西日本、沖縄・奄美では「ほぼ平年並み」となる見込みです。

8月の降水量は、全国的に「ほぼ平年並み」と予想されています。

なぜ梅雨が長引く?

気象庁は梅雨明けの時期について、4月の予報では平年より早いとしていましたが、今回の予報では平年並みになると説明しました。

理由について、気象庁はフィリピン周辺の積乱雲の発生が先月の予想よりも少なく、これに影響される偏西風の北上が、平年並みと予想されたことから、梅雨前線も停滞する傾向に変わったということです。

大雨のリスク “今から備えを進めて”

梅雨の時期が長引くと大雨のリスクが高まるおそれがあります。

気象庁は、今のうちから自分が住んでいる場所の災害の危険度をハザードマップなどで確認して備えを進めてほしいと呼びかけています。