イスラエルとパレスチナ なぜ対立するのか?

11日間にわたって続いた、イスラエルとパレスチナのイスラム原理主義組織ハマスによる軍事衝突。エジプトの仲介で停戦しましたが、背景にある「パレスチナ問題」は何ら解決しないままです。これまでの歴史を振り返ります。

Q イスラエルとパレスチナ 対立の歴史は?

パレスチナ問題は、世界で最も解決が難しい紛争とも言われ、70年以上、対立が続いています。

現在のイスラエルとパレスチナの地には古くから、アラブ系のパレスチナ人とユダヤ人が暮らしていましたが、大きな問題に発展したのは1948年5月、ユダヤ人がイスラエルを建国してからです。

ユダヤ人はもともと、国家を持たず世界各地に離散して暮らしていましたが、第2次世界大戦中の「ホロコースト」の悲劇などを経て、大勢の人が安寧を求め、自分たちの祖先の土地だとする現在のイスラエルに移り住んだのです。

建国は、この地にユダヤ人とアラブ人の国家を創るという国連の「パレスチナ分割決議(1947年採択)」に基づいたものでしたが、これが長い対立の歴史のきっかけになりました。

イスラエルの建国に対し、エジプトやヨルダンなどアラブ諸国は「アラブ人が人口の過半数を占めていることを無視した不当な決議だ」として激しく反発して攻撃を仕掛け、第1次中東戦争が勃発しました。

しかし、この戦争はイスラエルの勝利に終わり、70万人のパレスチナ人は土地を追われることになりました。

パレスチナ難民が生まれた日、5月15日は、アラビア語で大惨事を意味する「ナクバの日」と呼ばれ、現在もパレスチナの人々の記憶に刻まれています。

その後も、イスラエルとアラブ諸国の戦争が繰り返されましたが、イスラエルは周辺国を圧倒する軍事力を備え、多くの土地を戦争で占領していきました。
特に、1967年の第3次中東戦争では、ヨルダン川西岸とガザ地区、東エルサレムなどを占領し、支配地域を4倍以上に広げました。

国連ではたびたび、イスラエルが戦争によって占領した土地からの撤退を求める決議が採択されてきましたが、実行に移されることはありませんでした。

この間、パレスチナ人による民衆蜂起も起こり、特に、1987年の「第1次インティファーダ」と2000年の「第2次インティファーダ」では双方に大勢の犠牲者を出しました。

Q 和平交渉は進展していないの?

アメリカや日本など国際社会は、ユダヤ人とアラブ人による「二国家共存」を支持し、和平交渉を仲介してきました。

1993年には、アメリカとノルウェーによる仲介のもと「オスロ合意」が結ばれました。

この合意によって、パレスチナ側に一定の自治が認められ、PLO=パレスチナ解放機構が暫定自治政府を設立。
イスラエルが戦争によって占領していた、ヨルダン川西岸地区とガザ地区の2つの離れた地区で、暫定自治政府による段階的な自治が始まりました。

アメリカの首都ワシントンで行われた調印式では、クリントン大統領が見守る中、イスラエルのラビン首相とPLOのアラファト議長が握手を交わし、和平は大きく前進するかと見られました。

しかし、オスロ合意でもユダヤ教とイスラム教の双方が聖地とするエルサレムをどう扱うかや1948年の戦争で住む場所を追われたパレスチナ難民が以前の土地に戻る権利をどうするかなどは、解決すべき課題として残されました。

特に、東エルサレムの扱いをどうするかは、現在でも最大の対立点となっています。

東エルサレムはイスラエルが建国したあと、パレスチナを支援する立場の隣国ヨルダンが一時的に統治していました。

しかし、イスラエルは第3次中東戦争で勝利したあとこの地域を占領し、東エルサレムを含めたエルサレムを「永遠で不可分の首都」と、併合を一方的に宣言しました。

一方、パレスチナは、今でも多くのパレスチナ人が暮らす東エルサレムを「パレスチナ国家」が誕生した際の、首都と位置づけていて、対立が続いているのです。

また、イスラエルが70年代以降、ヨルダン川西岸や東エルサレムなどで国際法に違反して進めている入植活動も、和平に向けた障害となっています。

入植活動は占領地にユダヤ人のための住宅を建設し、占領を既成事実化していく動きです。イスラエルの政治で右派勢力が伸張する中で、積極的に進められてきました。

オスロ合意のあと、2000年にはアメリカの仲介によって、キャンプデービッド会議が開かれ、イスラエルとパレスチナは残された課題について協議しましたが、交渉は決裂に終わりました。

和平交渉は、2014年を最後に開かれていません。

Q 今回の衝突は何がきっかけになったの?

きっかけは、和平交渉でも大きな課題となってきた東エルサレムでの出来事でした。

イスラエルの治安当局は4月中旬、東エルサレムに暮らすパレスチナ人が、旧市街に行く際に通る「ダマスカス門」と呼ばれる門に、バリケードを設置したのですが、これが衝突の発端となりました。

旧市街は、3つの宗教の聖地があるエルサレムの中心部で、大勢のイスラム教徒が礼拝に訪れる「ハラム・アッシャリフ」があります。

4月は、イスラム教徒が日中の飲食を断つ断食月ラマダンに重なり、宗教心が高まる時期でもありました。

バリケードが設置されたことにパレスチナ人は怒り、治安部隊との間で小競り合いに発展したのです。

さらに、この時期に判断が示される予定だった、東エルサレムの住居をめぐる裁判も、パレスチナ人を刺激しました。

東エルサレムのシェイフ・ジャラフと呼ばれる地区で、ユダヤ人入植者がパレスチナ人に、立ち退きを求めていた裁判です。

この地域ではこれまでも、ユダヤ人による入植活動が進められており、パレスチナ人の間では不当な判断になるのではないかと警戒が高まり、さらなる衝突へと発展しました。
5月7日の金曜礼拝のあとには、聖地「ハラム・アッシャリフ」にイスラエルの治安部隊が突入し、その様子がSNSで拡散。

パレスチナ人の怒りをさらに買いました。

さらに10日には、ガザ地区を実効支配するイスラム原理主義組織ハマスが、ロケット弾でイスラエルを攻撃し、イスラエル軍との間で応酬が始まりました。

イスラエルで人口の20%を占めるアラブ系住民と、ユダヤ系住民で衝突も起こり、事態はいよいよ収拾がつかなくなりました。

Q ガザ地区はなぜ、激しい応酬の舞台となったの?

ガザ地区は、オスロ合意でパレスチナ側の自治が認められた地区の一つですが、パレスチナ内部の抗争を経て、2007年からここを実効支配しているのが、イスラム原理主義組織「ハマス」です。

パレスチナは、アッバス議長やアラファト前議長の出身母体でもある穏健派の政治勢力「ファタハ」によって統治されてきましたが、2006年のパレスチナ自治評議会の選挙でハマスが躍進。

ファタハとの武力闘争を経て、ハマスはガザ地区を実効支配するに至りました。

このためパレスチナは現在、ヨルダン川西岸地区をファタハなどが、ガザ地区をハマスが統治する、分断された状態にあります。

ハマスは以前、国家としてのイスラエルを一切認めない強硬な立場をとっていました。

現在は、1967年以前の境界線を元にパレスチナ国家を建設すべきだという方針に転換し、間接的にではありますが、イスラエルの存在を認めています。

ただ、その軍事部門は、イスラエルの宿敵イランとつながりがあり、武器の提供などを受けていると指摘されています。

このため、イスラエルやアメリカに加えて、EU=ヨーロッパ連合も、ハマスをテロ組織に指定しています。

イスラエルはハマスを敵視し、たびたび空爆を行ってきたほか、ハマスもイスラエル側にロケット弾を撃ち込み、攻撃の応酬が繰り返されてきました。

2008年と2014年には攻撃の応酬が、イスラエル軍によるガザ地区への地上侵攻に発展。

このうち、2014年の戦闘では、市民を含む2200人以上が死亡する事態となりました。

イスラエル軍はガザ地区での空爆について、ハマスの幹部や拠点を標的にしていると説明しています。

しかし、東京23区のおよそ6割の土地に200万人ほどが暮らす、人口密度の高いガザ地区では、今回も大勢の市民が亡くなる事態となりました。

Q パレスチナ問題を取り巻く、世界の情勢はどう変化しているの?

今回の衝突は、中東情勢が大きく変化する中で起きました。

アラブ諸国は歴史的に、同胞であるパレスチナ人を支援する立場にあり、敵対するイスラエルとの間で、4度にわたり戦争を繰り返してきました。

「アラブの大義」と位置づけられ、アラブ諸国を束ねる共通の目標となってきました。

1979年と1994年には、イスラエルと国境を接するエジプトとヨルダンがそれぞれイスラエルとの間で国交を結びましたが、それ以外の国は「パレスチナ問題の解決なくしてイスラエルとの国交樹立なし」という立場を堅持してきました。

しかし去年、そうした状況は大きく変化しました。

トランプ大統領の仲介のもと、UAE=アラブ首長国連邦が8月に、イスラエルとの国交正常化を発表。

バーレーンやモロッコなどもこれに続きました。

近年、アラブ諸国にとってイランが、新たな脅威となってきたことが、結果的にイスラエルとの外交関係を結ぶ一因となりました。
また、アメリカのトランプ前政権も、和平交渉で大きな対立点となってきたエルサレムに大使館を移転したほか、パレスチナ難民を支援する国連機関への支援も凍結し、極端にイスラエル寄りの政策をとりました。

この間、アメリカとパレスチナの関係は過去最悪のレベルに達しました。

現在のバイデン大統領は、難民支援の再開を表明するなど、イスラエル寄りだった前政権の立場を一定程度、修正しようとしてきました。

しかし、歴代のアメリカの政権が仲介に挑みながら、最終的な解決には至っていない、パレスチナ問題に深く関与することは避けてきました。

今回の事態は、長年にわたる紛争が解決せず、パレスチナが孤立を深める中で起きました。

多くの市民が犠牲となる軍事衝突が再び起きたことで、アメリカを含めた国際社会は、この問題に真剣に向き合うことを今一度、迫られることになりそうです。

年表

1948年
イスラエル建国、第1次中東戦争
1967年
第3次中東戦争でイスラエルがヨルダン川西岸、ガザ地区、東エルサレムなどを占領
1987年
第1次インティファーダ
1993年
オスロ合意、パレスチナ暫定自治政府を設立
2000年
キャンプデービッド会議、第2次インティファーダ
2006年
パレスチナ自治評議会の選挙でハマス勝利
2007年
ハマスがガザ地区を実効支配
2008年
イスラエル軍がガザに侵攻
2014年
イスラエル軍がガザに侵攻
2017年
トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定
2020年
UAE、バーレーンなどがイスラエルと国交正常化