世界初 液化水素運ぶ運搬船公開 脱炭素化エネルギーへ期待

脱炭素化に向けて期待されるエネルギー、水素を液化して運ぶ世界初の運搬船が神戸市で24日、報道陣に公開されました。今年度中にはオーストラリアから水素を輸送する実証実験を始める計画です。

公開されたのは、大手機械メーカーの「川崎重工業」が建造した世界で初めてとなる液化水素を運ぶ運搬船、「すいそふろんてぃあ」です。

気体の水素をマイナス253度に冷やして液化し、体積を800分の1にすることで大量に効率よく水素を輸送することを目指しています。

全長は116メートルあり、1回の航行で燃料電池車およそ1万5000台分の水素を運ぶことができるということです。

この運搬船は来月からまず国内で液化水素を積んだあと、今年度中にはオーストラリアから日本に輸送する実証実験を始める計画です。

水素は二酸化炭素を排出しない次世代のエネルギーとして期待され、政府は2050年の利用量を今の10倍の2000万トン程度に増やす目標を掲げています。

「川崎重工業」水素戦略本部の西村元彦副本部長は、「水素はあらゆるところで生産できるため、大量に輸送できるようになればビジネスも広がり経済面でもメリットがある。この船が先駆者になると期待できる」と話していました。