夏場所優勝 照ノ富士 7月は“綱取り”の場所に 横審委員長

大相撲夏場所で優勝した大関 照ノ富士について、横綱審議委員会の矢野弘典委員長は「どん底まで落ちてここまでよく戻ってきた」と高く評価したうえで、次の7月の名古屋場所が「綱とり」の場所になるという見解を示しました。

夏場所は大関に復帰した照ノ富士が力強い相撲で12勝3敗とし、大関 貴景勝との優勝決定戦を制して2場所連続4回目の優勝を果たしました。

横綱審議委員会は24日夕方、東京 両国の国技館で定例の会合を開き、照ノ富士など力士たちの戦いぶりについて意見を交わしました。

会合のあと会見した矢野委員長は照ノ富士について、「どん底まで落ちてここまでよく戻ってきた。ファンの心をつかんだのではないか。優勝インタビューも浮かれたところが全くなく好感が持てた」と高く評価しました。

そのうえで「7月は横綱を目指す場所になるだろう」と話し、次の名古屋場所が「綱とり」の場所になるという見解を示しました。

横綱審議委員会の内規では、横綱に推薦する力士について「大関で2場所連続優勝もしくは、それに準ずる成績を残した力士」としていますが、昇進へ必要な成績については「何勝何敗かということは私が言えるわけではない。相撲自体もいい相撲であってほしい。立派な勝ち星を重ねていけば道が開けるのではないか」と話していました。

一方、夏場所の直前に不要不急の外出をしていたことを認め、途中休場した大関 朝乃山については「失望した。看板力士であり、次の横綱にいちばん近い位置にいると考えていたが、あまりにも軽率で自覚が足りていない」と厳しく批判したうえで、「心を入れ替えてやり直してほしい。今回のことが反省材料になればまた道も開けるのではないか」と話していました。

「横綱 白鵬 本当の意味で壁になって」

横綱審議委員会の矢野弘典委員長は、7月に行われる次の名古屋場所で進退をかける意向を示している横綱 白鵬について、「本当に7月場所で進退をかけると言っていると理事長から聞いた。それを信用して、もう1回チャンスを与えると3月の会合で決めた。その期待を持っているのでぜひ出場して頑張ってほしい」と話しました。

そのうえで「横綱ですから、本当の意味で壁になってほしい。けがを治して出場し活躍してほしい」と期待していました。