東日本や西日本 あすは大気不安定 落雷や竜巻などに注意

上空の寒気や湿った空気の影響で25日は東日本や西日本では大気の状態が不安定になる見込みで、落雷や竜巻などの激しい突風、急な激しい雨などに注意が必要です。

気象庁によりますと、上空にこの時期としては強い寒気が流れ込み地表付近には南から暖かく湿った空気が流れ込むため、25日は東日本と西日本の日本海側や内陸部を中心にしだいに大気の状態が不安定になる見込みです。

中国地方は25日の午後から、関東や北陸は25日の夕方から落雷や竜巻などの激しい突風、急な激しい雨、それに「ひょう」に注意するよう呼びかけています。

急に周囲が暗くなって冷たい風が吹くなど発達した積乱雲が近づく兆しがあるときは、頑丈な建物に移動するなど安全を確保してください。

一方、24日は朝鮮半島で黄砂が観測されていることから25日は西日本を中心とした広い範囲で黄砂が飛来する可能性があるとしています。

物が肉眼ではっきり見える範囲の「視程」が10キロ未満となり、ところによっては5キロ未満になるおそれもあります。

気象庁は視程が5キロ未満の場合、交通への障害が出る可能性もあるとして、見通しが悪い中での車の運転や洗濯物などへの黄砂の付着などに注意するよう呼びかけています。