タケノコ採りの男性 クマに両足をかまれけが 新潟 妙高

24日朝、新潟県妙高市でタケノコ採りをしていた70代の男性が、襲ってきたクマに両足をかまれてけがをして、病院で手当てを受けています。新潟県内でクマによるけが人が出たのは今年度初めてで、警察はパトロールを強化し、現場付近の山に立ち入らないよう呼びかけています。

24日朝、妙高市関山で1人でタケノコ採りをしていた70代の男性が、クマに襲われたと男性の妻から消防に通報がありました。

男性は両足をかまれ、右足の骨を折るなどの大けがをして、病院で手当てを受けています。

警察によりますとクマは体長1.3メートルほどで、男性を襲ったあと山の中へ逃げたということです。

現場は上信越自動車道・妙高サービスエリアの近くにある、関山神社から西側に600メートルほどの山中で、警察はパトロールを強化するとともに、現場付近の山に立ち入らないよう呼びかけています。

県によりますと今月21日までにクマの目撃情報などが91件寄せられていますが、クマによるけが人が出たのは今年度初めてだということです。

県は冬眠を終えたクマの活動が活発化しているものとみられることから、山菜採りなどで山に入る場合は単独行動を避け、鈴やラジオなど音の鳴るものを持ち歩くよう呼びかけています。