住宅街で路線バス炎上 乗客と運転手は避難して無事 奈良

23日午後、奈良市の住宅街で運行されていた路線バスから火が出て激しく炎上しました。乗客と運転手は直前に避難して無事で、警察と消防が出火原因を調べています。

23日午後2時半ごろ、奈良市帝塚山の住宅街を走っていた奈良交通の路線バスの車内で焦げ臭い匂いがするのに乗客が気付き運転手に伝えました。

運転手が最寄りのバス停で停車して確認したところ、車体の後方から煙が出ていたということです。

このため、6人ほどいた乗客もバスの外に避難しましたが、その直後、火が出て激しく炎上しました。

乗客と運転手にけがはありませんでした。
警察によりますと、バスの1番後ろの座席の下にある配線が集中している部分の燃えかたが激しいということで、警察と消防はこの周辺から出火したとみて原因を調べています。