コンゴ民主共和国 火山噴火で溶岩流出 3000人以上が隣国に避難

アフリカ中部のコンゴ民主共和国で22日、東部にある火山が噴火し、溶岩が周辺の地域に流れ出て、3000人以上が国境を越えて、隣国のルワンダに避難しています。

コンゴ民主共和国で22日、ルワンダとの国境近くにある、高さおよそ3400メートルの活火山、ニーラゴンゴ山が噴火しました。

現地からの映像では、山頂付近の空がオレンジ色に染まり、噴煙が立ち上っているほか、周辺に大量の溶岩が流れ出している様子がわかります。

山の10キロ余り南側に位置する都市ゴマでは、一部の住宅で火災が起き、人々が消火にあたっているほか、広い範囲で停電も起きています。

多くの住民が、火山からできるだけ離れようとゴマから隣国ルワンダへ向かい、ルワンダ当局によりますと、少なくとも3500人が国境を越えて避難してきたということです。

コンゴ民主共和国の政府によりますと、政府の緊急会合でゴマの避難計画を実施に移すことを決めたほか、ヨーロッパを訪問しているチセケディ大統領が早ければ23日にも帰国するということです。

ニーラゴンゴ山は、世界でも最も活動が活発な活火山の1つで、2002年にも大規模な噴火が起き、100人以上が亡くなっています。