飼い主の部屋の屋根裏で発見 捕獲 不明だった巨大ヘビ 横浜

横浜市のアパートからいなくなっていた体長およそ3.5メートルのペットの「アミメニシキヘビ」が22日夕方、飼い主の部屋の屋根裏で見つかり、捜索を行った専門家によって捕獲されました。いなくなってから17日目、ヘビによるけが人や被害はありませんでした。

今月6日、横浜市戸塚区のアパートの部屋でペットとして飼育されていた体長およそ3.5メートル、体重およそ10キロの「アミメニシキヘビ」がいなくなりました。

逃げ出してから2週間以上がたちましたが、これまでの捜索では手がかりは得られず、目撃情報もなかったことから、ヘビがアパート内にとどまっている可能性があるとして、22日、専門家が管理人立ち会いのもとで屋根裏のスペースなどを捜索しました。

その結果、午後5時前に飼い主が住んでいた部屋の屋根裏で、柱に巻きついたような状態でいるのが発見され、その後、捕獲されました。

いなくなってから17日目にしてようやく見つかり、この間、けが人や被害はありませんでした。

捕獲後のヘビの様子は…

捕獲されたアミメニシキヘビは白いケージに入れられていました。

上面と側面の一部は網目状になっていて、そこから見えるヘビの様子はおとなしく、舌を出す様子も確認できました。

近隣住民「見つかって安心」

アミメニシキヘビが捕獲されたという知らせを受けて、アパートの周囲には近所の人も大勢詰めかけ、安心した表情を見せていました。

また、捕獲されたヘビを記録しようとスマートフォンを構える人の姿も見られました。

近くに住む40代の会社員の男性は「小学生と4歳の子どもがいるのでヘビが見つかるまで近くの遊ばせるのを控えていました。見つかって安心しました」と話していました。

また中学2年生の女子生徒は「できるだけ川べりなどヘビがいそうな場所には近づかないようにしていました。捕獲されて本当によかったです」と話していました。

部屋の隣に住んでいる男性「見つかってよかった」

逃げ出したアミメニシキヘビが飼育されていた部屋の隣に住んでいる専門学校に通う23歳の男性は「飼い主とも顔見知りで、自分も捜索に加わって『早く見つかって』という思いでいたので、とにかく見つかってよかったです」とほっとした表情を浮かべていました。

また「これだけ外をさがしても全然見つからず、専門家も『近くにいる』と話していたので、屋根裏かもしれないなと思っていました。見つかって今は『やっぱりな』という気持ちです」と話していました。

捕獲されたヘビを実際に見たということで「こんなのが屋根裏にいたんだと感じるぐらい写真よりもずっと大きかったです。黄色と白のきれいな模様でおとなしい様子でした」と話していました。

飼い主「近隣の方に心配かけ申し訳ない」

アミメニシキヘビが逃げ出してから17日目でようやく捕獲されたことを受けて、午後7時ごろから飼い主の男性が取材に応じ「いちばんはほっとした気持ちですが、2週間以上にわたって近隣の方にご心配、ご迷惑をかけて申し訳なく思っているのが率直なところです。飼い主としては元気でいてくれてよかったです」と話しました。

捕獲されたヘビは少し脱水症状のようになっている印象だったということで「もっと早めに近くの場所をさがしていればよかったかなと思っています。この間自分のやってしまったことの大きさを受け止めながら、ヘビが誰かにけがをさせてしまうようなことになる前に見つけたいと思っていました」と話していました。

飼い主によりますと、捕獲されたヘビは横浜市が管理し、市を通じて第三者に譲渡されるということです。

捕獲した専門家「ここ数日は室内にいると確信 的中した」

アミメニシキヘビを捕獲した静岡県の動物園「イズー」の白輪剛史園長は「目撃情報もないことからここ数日は室内にいると確信を持っていました。屋根裏で見つかりそこは的中したと思っています」と振り返りました。

飼い主が住んでいた部屋の風呂場の点検口から屋根裏をのぞいたところ、丸くだんご状になっているアミメニシキヘビが見えたため、屋根裏に入って2人がかりで捕獲作業を進めたということで、「捕まえるときも襲ってくることはなく、1人が尻尾をつかんで私が頭をつかみました。鉄骨のようなものからヘビを剥がすのに少してこずりましたが、頭の方向に引っ張り出して抱えました」と話していました。

また飼い主の部屋の屋根裏はこれまでも捜索していましたが見つからなかったということで、「やはり原点に戻って、何回も見るのは大事だなと思いました」と話していました。

そのうえで、アミメニシキヘビなどを飼っている人に対し「万が一、逃げ出してしまうと近隣の住民の中には想像以上に恐怖を感じる人もいるので、絶対に逃がさないように適切に管理してほしい」と呼びかけていました。