「この木なんの木」など手がけた 作詞家の伊藤アキラさん死去

「この木なんの木」の歌いだしで知られるCMソングなど親しみやすい歌詞を数多く手がけた作詞家の伊藤アキラさんが、今月15日、急性腎不全のため横浜市内の病院で亡くなりました。80歳でした。

伊藤アキラさんは千葉県出身で、作詞・作曲家の三木鶏郎さんのもとでCMソングの作詞などを始め、その後、独立しました。

「この木なんの木気になる木」の歌いだしで知られるCMソングや、「南の島のハメハメハ大王」、「はたらくくるま」など、親しみやすく耳に残る歌詞を数多く生み出していきました。

ほかにも、渡辺真知子さんの「かもめが翔んだ日」といった歌謡曲や、「うる星やつら」といったアニメソングなど、さまざまなジャンルの楽曲の作詞を手がけました。

家族によりますと、伊藤さんは今月15日、横浜市内の病院で急性腎不全のため亡くなりました。

80歳でした。

葬儀は親族のみで執り行われたということです。