緊急事態宣言 デパート 生活必需品売り場除き 土日休業 札幌市

北海道に緊急事態宣言が出されたことを受けて、札幌市内のデパートは、今月の土日は食料品など生活必需品の売り場を除いて休業することにしています。休業を決めてから初めての土曜日となった22日、街行く人からは感染防止のためにはしかたがないという声が聞かれました。

今月16日から北海道に緊急事態宣言が出されたことに伴って、道は事業者に対し、ショッピングセンターなど建物の床面積の合計が1000平方メートルを超える大規模施設では、生活必需品を除いて土日は休業するよう要請しています。

これを受けて、札幌市内のデパートは、今月中の土日は食料品や化粧品を取り扱うフロアなどを除いて休業することを決めています。

休業を決めてから初めての土曜日となった22日は、ふだんの週末と比べて、デパートが建ち並ぶ市内の中心部を訪れる人の数もまばらとなっていました。

病院に薬をもらいに行くために外出したという70代の女性は「街の中がさみしいなとは思いますが、人出があるほうが心配になるので、しかたないと思います。病院に行くついでに他の用事も済ませるか、悩んでいるところです」と話していました。

札幌市内のデパートは、土日の休業を北海道に緊急事態宣言が出されている今月いっぱいまで続ける予定です。