フランス大統領が東京五輪開会式出席へ“パリ五輪へ聖火継承”

2024年のオリンピック・パラリンピックの開催国であるフランスのスポーツ担当の閣僚は、東京大会に向けて出場選手にワクチンを接種するなど準備を進めているとしたうえで、7月の開会式には、マクロン大統領が出席すると明らかにしました。

フランスのマラシネアヌ・スポーツ担当相は21日、出演した地元メディアの番組で、日本で新型コロナウイルスの感染が再び広がるなか、大会が本当に開催されると思うか、質問されました。

これに対しマラシネアヌ担当相は「日本の総理大臣や組織委員会は可能なかぎりリスクの少ない大会を開催できるようにしている」と述べ、フランスとしても出場選手にワクチンを接種するなど、最小限のリスクで参加できるよう準備を進めていると説明しました。

そのうえで、ことし7月23日の開会式には、3年後のパリ大会の開催国としてマクロン大統領が出席することを明らかにし「パリ大会のために聖火を引き継がなければならない」と述べて、大会の期間中、自身も、ほかの閣僚と交代で日本を訪れる考えを示しました。