電事連会長 温室効果ガス削減目標達成には原発再稼働が必要

2030年に向けて温室効果ガスを2013年度に比べて46%削減するという政府の新たな目標について、電気事業連合会の池辺和弘会長は、目標の達成には原子力発電の再稼働が必要だという考えを改めて示しました。

この中で池辺会長は、政府が決定した2030年に向けた温室効果ガスの新たな削減目標について「かなりチャレンジングな目標だ」と述べました。

そのうえで「残りの9年間でできることは原子力の再稼働を進めていくことだ。再稼働に向けたタスクフォースをつくって各社のノウハウを共有する取り組みを進めている」と述べ、目標の達成には原子力発電の再稼働が必要だという考えを改めて示しました。

また、この夏、北海道と沖縄を除く地域で、電力の安定供給はかろうじて確保できるものの、ここ数年で最も厳しい状況が見込まれていることについて、池辺会長は「安定供給が確保できるから安心だというわけではない。電力会社は心して、発電所の設備トラブルがないよう日頃のメンテナンスをしておかないといけない」と述べました。