代々木競技場など 7件の建造物が新たに国の重要文化財に

1964年の東京オリンピックの際に建築された「代々木競技場」など7件の建造物が、新たに国の重要文化財に指定されることになりました。

文化庁の文化審議会は21日、7件の建造物を国の重要文化財に新たに指定することを萩生田文部科学大臣に答申しました。

このうち東京 渋谷区の「代々木競技場」は、1964年の東京オリンピックの開催に伴い日本を代表する建築家の丹下健三さんが建築したもので、指定されれば歴代で最も新しい重要文化財になります。
答申では、つり構造により屋根や観客席を支えるダイナミックな外観と、壮大な内部空間を創出し、意匠的にも技術的にも秀でた戦後建築を代表する作品として、高く評価しています。
また、兵庫県西脇市の「旧西脇尋常高等小学校」が、戦前の木造学校建築の典型的な姿を維持する現役の校舎として、大阪市の「旧松坂屋大阪店」、現在の高島屋東別館が戦前の商都大阪を代表する百貨店として、いずれも歴史的価値が高いと評価されました。

新たな指定により、建造物の国宝や重要文化財は2530件、5253棟となります。