NTTとスカパーJSAT「宇宙データセンター」事業で業務提携

NTTと衛星通信事業を手がけるスカパーJSATは、光通信で複数の人工衛星をつなぐ「宇宙データセンター」などの事業に乗り出すことになりました。衛星で観測したデータを宇宙で即座に分析して地上に送信するなど、災害時の被害状況の把握に活用することが想定されています。

NTTとスカパーJSATは業務提携を結び、データ処理の機能を搭載した複数の人工衛星を光通信でつなぐ「宇宙データセンター」などの事業に乗り出します。

衛星で観測した膨大な地表のデータは、現在は十分な電力を確保できないことなどから衛星で分析できないうえに、地上に送信するだけでも少なくとも数時間かかっています。

両社の計画では、NTTの光技術を活用することによって消費電力を大幅に抑え、観測したデータを衛星で即座に分析できるようにし必要な情報だけを速やかに地上に送ることを目指しています。

これによって、例えば災害時に広範囲にわたる被害状況を迅速に把握することなどが期待されるということです。

両社では今後、技術の実証を進め、2025年ごろから人工衛星を打ち上げ、サービスを開始したいとしています。

オンラインで会見したNTTの澤田純社長は「地上のインフラに宇宙インフラを加えることで、持続可能な社会の実現を目指していく」と述べました。