中国の原発にロシア製の原子炉 中ロの原子力協力が加速

中国とロシアの、原子力分野での協力が加速しています。中国の原子力発電所に、ロシア製の原子炉4基が新たに建設されることになり、オンラインで開かれた式典で、習近平国家主席とプーチン大統領が互いに祝意を伝えました。

中国で新たに建設が始まるのは、東部・江蘇省の田湾原発と、東北部・遼寧省の徐大堡原発の合わせて4基で、いずれもロシアで開発された加圧水型原子炉が導入されます。

19日オンラインで開かれた、建設開始を祝う式典で、習近平国家主席は「エネルギー面の協力は、両国の協力の中でも、最も広範で実り多い分野であり、原子力は優先分野だ。今回の4基の原子炉は、両国の協力の画期的な成果だ」と述べ、祝意を示しました。

これに対してプーチン大統領は「ロシアと中国は、20年にわたって政治、外交、経済などあらゆる分野で、多面的な協力と信頼関係の強化を進めてきた。今やロシアと中国の関係は、史上最高の水準に達していると言っても過言ではない」と述べました。

そして、両首脳の号令に合わせて、現場で建設作業が始まりました。

アメリカとの対立が深まる中、ロシアと中国は近年、急速に接近していて、今回の原子炉の建設によって両国はエネルギー分野での結び付きを一層強めるねらいがあります。