西~東日本 非常に激しい雨のおそれ 土砂災害などに警戒を

活発な前線や低気圧の影響で大気の状態が非常に不安定になり、西日本と東日本では局地的に激しい雨が降っています。広い範囲で雷を伴って非常に激しい雨が降るおそれがあり、土砂災害や川の氾濫などに警戒が必要です。

気象庁によりますと、前線上にある低気圧が発達しながら日本海へと進み、暖かく湿った空気が流れ込んで前線の活動が活発になっています。

このため西日本や東日本の広い範囲で大気の状態が非常に不安定になり、局地的に雨雲が発達しています。

午前2時までの1時間には
▽高知県室戸市の佐喜浜で40.5ミリ
▽長野県南木曽町で40ミリと、いずれも激しい雨が降りました。

これまでの雨で土砂災害の危険性が高まり、熊本県、鹿児島県、それに愛媛県では「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。

今後の予想です。

21日は西日本や東日本で局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

特に太平洋側を中心に雨の量が多くなる見込みで、21日夕方にかけての24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで
▽東海で300ミリ
▽四国と近畿で250ミリ
▽関東甲信で200ミリ
▽九州南部で180ミリ
▽九州北部で150ミリ
▽北陸で120ミリ
▽中国地方で100ミリと予想されています。
気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の氾濫に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風にも十分注意するよう呼びかけています。

朝にかけても、各地で急激に雨が強まるおそれがあり、暗い中での避難が難しくなる可能性があります。

夜間は斜面から離れ、自宅の2階で過ごすなど、できるかぎり安全な場所で過ごしてください。

加藤官房長官「早め早めの避難 安全確保を」

加藤官房長官は、午後の記者会見で「あすにかけて西日本・東日本の広い範囲で大雨となる見込みであり、特に九州ではこれまでに降った雨で地盤が緩んでいる地域もあり、土砂災害には厳重な警戒が必要だ。現在のところ、特段の被害の報告は入っていない」と述べました。

そして「梅雨期を迎えるに当たり、官邸の危機管理センターに大雨に関する情報連絡室を設置したところであり、引き続き、情報収集などに努める。大雨が予想される際には地元自治体や気象台が発表する避難情報や気象情報に十分留意するとともに、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水には十分な警戒をお願いしたい」と呼びかけました。

また、大雨などの災害時に自治体が発表する避難の情報が20日から「避難指示」に一本化されたことについて、「分かりやすい情報の発信にも努めるとともに、国民には情報をしっかりと活用していただき、早め早めの避難、安全確保に心がけていただきたい」と述べました。