米FDA ファイザーなどのワクチン“冷蔵で最大1か月保存許可”

アメリカの製薬大手ファイザーとドイツのビオンテックの新型コロナウイルスワクチンについて、アメリカFDA=食品医薬品局は2度から8度の冷蔵庫で、最大1か月間保存することを許可すると発表しました。保存期間が大幅に延長された結果、より小規模な診療所などでの接種が可能になると期待されています。

製薬大手ファイザーとドイツのビオンテックが開発した新型コロナウイルスワクチンの保存期間は、これまでは、一度解凍して2度から8度の冷蔵庫で保存する場合は、未開封の状態で5日間とされてきました。

このワクチンの冷蔵庫での保存期間について、FDAは19日、ファイザーから提出された新たなデータにもとづき、これまでの規定を変更し、保存期間の大幅な延長を許可したと発表しました。具体的には、冷蔵庫での保存期間がこれまでの5日間から最大1か月間に延長されるということです。

これについてFDAは「より長い期間冷蔵庫で保存できるようになることで、小規模な診療所などでもこのワクチンが接種できるようになる」とコメントしています。

ファイザーとビオンテックのワクチンについては、すでにEU=ヨーロッパ連合の医薬品規制当局が「2度から8度で31日間保存できる」とする新たな指針を発表しています。