聖火リレー 岡山県1日目 点火セレモニーに高橋大輔選手ら参加

東京オリンピックの聖火リレーは19日、岡山県で点火セレモニーのみが行われ、地元出身のフィギュアスケート、高橋大輔選手などが参加しました。

岡山県での聖火リレーは19日から2日間、12の市と町をおよそ180人のランナーがつなぐ予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大のため、公道でのリレーは中止されました。

代わりに、19日は岡山市の岡山城で点火セレモニーが行われ、1日目に走る予定だったランナーが1列に並んで聖火を移す「トーチキス」が行われました。

地元出身のオリンピック選手も参加し、ロンドン大会女子マラソン代表の重友梨佐さんや、バンクーバー大会フィギュアスケート銅メダルの高橋大輔選手などが聖火をつなぎました。

そして最後に、ロサンゼルス大会の体操で金・銀・銅のメダルを獲得した森末慎二さんが大きな聖火皿に火をともしました。

岡山県での聖火リレーは、2日目の20日も公道でのリレーは実施されず、津山市の中央公園で点火セレモニーが行われます。