株価 値下がり ワクチン接種が遅れていることへの懸念から

19日の東京株式市場、日経平均株価は300円以上値下がりしました。

日経平均株価、19日の終値は18日より362円39銭安い2万8044円45銭。

東証株価指数=トピックスは、12.50下がって1895.24。

一日の出来高は11億6484万株でした。

市場関係者は「欧米と比べてワクチンの接種が遅れていることへの懸念から、東京市場では多くの銘柄に売り注文が出て、日経平均株価は一時、500円以上値下がりした。市場ではアメリカのFRB=連邦準備制度理事会が、金融緩和の規模を縮小するのではないかという見方もあり、日本時間のあす未明に公表される先月の会合の議事録が注目されている」と話しています。