木村花さん死後に中傷 長野県の男性 130万円賠償命令 東京地裁

プロレスラーの木村花さんがSNS上でひぼう中傷を受ける中、去年5月に亡くなった後、さらにツイッターで花さんを中傷されたとして、母親が長野県の男性を訴えた裁判で、東京地方裁判所はおよそ130万円の賠償を命じました。

フジテレビの番組「テラスハウス」に出演していたプロレスラーの木村花さんがSNS上でひぼう中傷を受ける中、去年5月に亡くなった後、長野県の男性にツイッターで「あんたの死でみんな幸せになったよ、ありがとう」と中傷されたとして、母親の響子さんが賠償を求める訴えを起こしました。

裁判で「母親が娘を思う気持ちを侵害している」と主張した一方、訴えられた男性は答弁書などの書面を出さず、裁判にも来ませんでした。

19日の判決で、東京地方裁判所の池原桃子裁判長は、男性が争うかどうか明らかにしなかったため、認めたものとみなして、慰謝料などおよそ130万円を支払うよう命じました。

母親 響子さん「救いの糸口になれば」

母親の響子さんは会見で「ちゃんと裁判所が重大なひぼう中傷だったと認めてくれた。無責任に放たれたことばの責任を追及しようとする中で、たくさん障害があった。ひぼう中傷で悩んでいる人たちに、この裁判の結果が救いの糸口になればと思う。相手には自分のしたことと向き合ってほしかったが、そうした態度が全く見られなかったのは残念だ」と話していました。