LINE「ふるふる」機能 特許侵害1400万円余の賠償命令 東京地裁

通信アプリのLINEで、友達を追加する時に相手と一緒にスマホを振ると登録できる「ふるふる」という機能について、東京地方裁判所は京都市のIT企業の特許を侵害したと認め、LINEに対し1400万円余りの賠償を命じました。

LINEで、友達を追加する時に同じ場所にいる相手と一緒にスマホを振ると登録できる「ふるふる」という機能について、京都市のIT企業「フューチャーアイ」は社長が発明し、会社が持っている特許を侵害されたとして、LINEに対して賠償を求めました。

一方、LINEは「簡単に発明できるもので、特許は無効にすべきだ」と主張しました。

19日の判決で、東京地方裁判所の佐藤達文裁判長は「振動などでユーザーのスマホどうしが近くにあると表示された時点で、互いのIDが交換される。発明が簡単だとは認められない」と指摘しました。

そのうえで、社長の発明は有効で会社の特許が侵害されたと認め、LINEに対し1400万円余りの賠償を命じました。

LINEは、去年5月に「ふるふる」のサービスをやめています。

双方によりますと、この判決とは別に、当事者どうしで和解したということです。

LINEは「すでに平和的に解決している。当社は、今後も、知的財産を尊重しつつ、お客様に対するサービスのより一層の向上を目指していく所存だ」というコメントを出しました。

原告の社長「複雑な気持ち」

京都市のIT企業、フューチャーアイの塚本豊社長は東京 霞が関で会見を開き、「この特許はおもしろい機能なので、やはり使用するところが出てきたかという気持ちだった。特許権の侵害が認められた勝訴判決だが、賠償額が少なく、複雑な気持ちだ。技術開発はインセンティブを受け取れなければ、廃れてしまう」と話していました。