菅首相 “厳格な感染対策徹底で安全・安心な大会実現可能”

東京オリンピック・パラリンピックについて、菅総理大臣は、参議院本会議で、選手や大会関係者と、国民が接しないようにするなど厳格な感染対策を徹底することで、安全・安心な大会の実現が可能だという考えを強調しました。

この中で、菅総理大臣は、東京オリンピック・パラリンピックについて「まずは現在の感染拡大を食い止め、国民の命と健康を守ることが最優先だ。大会の開催に当たっては、選手や大会関係者の感染対策をしっかり講じることにより安心して参加できるようにし、国民の命と健康を守っていく」と述べました。

そのうえで「今般、政府が調整した結果、ファイザーから各国選手へのワクチンの無償提供が実現し、さらに選手や大会関係者と、一般の国民が交わらないようにするなど厳格な感染対策を検討する。対策を徹底することで国民の命や健康を守り、安全・安心の大会を実現することは可能だと考えており、しっかり準備を進めていく」と強調しました。