プラスチックごみ削減へ 日用品大手 リサイクル技術を共同開発

プラスチックごみの削減に向けて日用品大手のユニリーバと花王が、洗剤やシャンプーなどのボトルをリサイクルする技術の共同開発に乗り出します。

ユニリーバ・ジャパンと花王は、洗剤やシャンプーなどのボトルを処理して、再びボトルにリサイクルする技術について、共同で開発することで合意しました。

洗剤やシャンプーなどのボトルはメーカーや商品ごとに素材や色が異なることなどから、焼却処分されたり、別のプラスチック製品にリサイクルされたりしています。

両社では、ボトルから同じボトルにリサイクルする技術を確立することで、新品のボトルを原料となる石油由来のプラスチックの使用量を減らすことにもつなげたい考えです。

また、使用済みのボトルを分別回収する仕組みや、素材や色の共通化に向けたガイドラインの策定なども共同で検討したいとしています。

ユニリーバ・ジャパンの増田有紀さんは「ボトルのリサイクル実現には業界をあげて取り組む必要がある。参加するメーカーを増やして大きな成果につなげたい」と話していました。

プラスチックごみ削減に向けては花王とライオンも詰め替え容器のリサイクル技術の開発に共同で乗り出していて、メーカーの垣根を越えた取り組みが活発になっています。