野村HD 合計損失額3100億円余で確定 米顧客との取り引きで

アメリカの顧客との取り引きで巨額の損失を出した証券最大手の野村ホールディングスは、合計の損失額が3100億円余りで確定したことを明らかにしました。財務の健全性に問題はないとしています。

証券最大手の野村ホールディングスは、アメリカの顧客との取り引きに関連して、ことし3月期の決算で2457億円に上る損失を出しました。

関係者によりますと、この顧客は現地の投資会社の「アルケゴス・キャピタル・マネジメント」だということです。

発表によりますと、野村は、一連の損失処理が終わり、ことし4月から6月までの今年度の第1四半期の決算で、6億ドル、日本円にしておよそ650億円の損失を追加で計上することになりました。

これにより、合計の損失額は3100億円余りで確定したということです。

野村は、財務の健全性には問題はないとしており、大口の投資家に総合的な金融サービスを提供する「プライムブローカレッジ」と呼ばれるビジネスの見直しなど、再発防止に向けてリスク管理態勢を強化する方針です。