月面基地建設想定 遠隔で重機操作する実験 JAXAと鹿島建設

JAXA=宇宙航空研究開発機構と大手ゼネコンの鹿島建設は、およそ1000キロ離れたところにある建設機械を遠隔操作で動かす実験を行いました。将来、月面に基地を作ることを目指した実験で、さらに離れた場所での遠隔操作も今後、試すことにしています。

JAXAと鹿島建設は5年前から将来、月面に基地をつくることを目指して遠隔操作による建設方法を研究していて、18日はことし3月の実験の結果をオンライン会見で報告しました。
この実験では、神奈川県相模原市にあるJAXAの施設から、およそ1000キロ離れた鹿児島県の種子島にある土木工事用の重機を遠隔で動かしました。
月面と地上の距離では、現地の映像が数秒遅れで地上のモニターに映し出されると考えられ、時間差を考慮しながらいかに円滑に操作できるかが課題です。
実験では、数秒先の重機の位置を予測しながら障害物を避けるように動かしたほか、自動運転に切り替えたあとも重機が決められたルートを正確に動いたということです。

今後は日本と海外など、さらに離れた場所でも実験を行うことにしています。

鹿島建設の三浦悟プリンシパルリサーチャーは、会見で「地上でできないことは月ではできないので、実現性を高めるため日本と海外の間で実験したり、複数の建設機械を同時に動かしたりする実験も続けたい」と述べました。