国連 子どもの権利委員会 トップに大谷美紀子弁護士 日本人初

国連で子どもの人権が守られているかどうかを審査する「子どもの権利委員会」の新しいトップに、日本人として初めて大谷美紀子弁護士が選ばれました。

国連の「子どもの権利委員会」は17日、オンラインの会合を開き、18人の委員の中から新しい委員長に大谷美紀子弁護士(56)を選出しました。

大谷弁護士は、大阪出身で国際人権法を専門としていて、2017年から日本人として初めてこの委員会の委員を務めています。

委員長に日本人が選ばれるのは初めてで、任期は2年です。

「子どもの権利委員会」は、子どもの基本的人権が守られているかどうかを審査する機関で、新型コロナウイルスの感染拡大で教育を受ける機会が損なわれるなど、子どもをめぐる環境が悪化するなか、その重要性は高まっています。

大谷弁護士は「新型コロナウイルスの感染拡大の結果、何百万人もの子どもたちが労働を強いられています。子どもたちのため、最善を尽くします」と話しています。