日本学術会議の在り方 有識者で検討 20日に初会合 科学技術相

日本学術会議の在り方をめぐり、井上科学技術担当大臣は、政府としての考えを示せるよう、有識者で検討するため、20日に初会合を開くことを明らかにしました。

日本学術会議の在り方をめぐり、自民党が国からの独立など組織を見直すよう提言をまとめる一方、学術会議は、先月、現在の国の機関としての組織の形態が「学術会議の役割を果たすのにふさわしい」と評価する報告書をまとめました。

会議を所管する井上科学技術担当大臣は、閣議のあとの記者会見で、政府としての考えを示せるよう、政府の「総合科学技術・イノベーション会議」の有識者のメンバーで検討するため、あさって、初会合を開くことを明らかにしました。

井上大臣は「学術会議と自民党の作業部会の意見にかい離があり、学術会議の内部の検討だけでなく、第三者の意見を取り入れることは非常に重要で、国民の期待につながるものと考えている。広く学術会議の在り方について検討していきたい」と述べました。