建設アスベスト最高裁判決受け 首相が原告団らと面会 おわびへ

アスベストの健康被害を訴えた集団訴訟で、国の賠償責任を認める最高裁判所の判決を受けて、菅総理大臣は18日、総理大臣官邸で原告団らと面会し、国として早期解決に向け、和解金などを支払う方針を示すとともに、おわびの気持ちを伝えることにしています。

建設現場で建材のアスベストを吸い込んで肺がんや中皮腫などの病気になったとして、元作業員らが健康被害を訴えた集団訴訟で、最高裁判所は17日、国と建材メーカーの賠償責任を認める判決を言い渡しました。

これを受けて、自民・公明両党の作業チームは、各地で別の集団訴訟の審理が続いていることも踏まえ、訴訟の早期解決に向けて、原告に最大で1300万円の和解金を支払うなどの救済策をまとめ、原告側もこれを受け入れる考えを伝えました。

菅総理大臣は18日、総理大臣官邸で原告団や弁護団らと面会し、与党側がまとめた救済策に沿って、原告に和解金などを支払う方針を示すとともに、おわびの気持ちを伝えることにしています。