ゾウ2頭死ぬ 4頭も体調崩す 原因不明 市原ぞうの国 千葉

国内で最も多い12頭のゾウを飼育していた千葉県市原市の動物園「市原ぞうの国」で先週、6頭が相次いで体調を崩し16日に2頭が死にました。原因は分かっておらず、園は解剖を行うなどして調べています。

千葉県市原市の「市原ぞうの国」によりますと14日に6頭のゾウが相次いで体調を崩しました。

6頭にはいずれも食欲がなくなる、水が飲めなくなる、便が出なくなる、おなかがはるなどの似たような症状がみられたということです。
園では6頭に点滴や投薬などの治療を行いましたが、16日にいずれもメスで30歳のプーリーと35歳のミニスターの2頭が死にました。

この年齢は人間で言うと35歳から40歳くらいに相当するということです。

ほかの4頭については一時重い症状を示したゾウもいましたが、いずれも現在は回復傾向にあるということです。

原因は分かっておらず、園は解剖を行うなどして調べています。

「市原ぞうの国」では、2頭の死を悼むため17日に献花台を設けていて、担当者は「一度にここまで多くのゾウが体調を崩すことは過去になく大きなショックを受けている。原因の調査を進めるとともに残されたゾウを守ることに全力を尽くしたい」としています。

「ミッキー」の治療の様子

17日午前、市原ぞうの国で撮影された治療中のゾウ「ミッキー」の様子です。

タイ人の飼育担当者が背中にまたがって耳の裏側から点滴を投与しています。

獣医師「中毒が疑われる」

「市原ぞうの国」から連絡を受けて治療にあたった群馬サファリパークの園長で獣医師の川上茂久さんがNHKのインタビューに応じました。

川上さんは14日の午後、ゾウに初めての症状が確認されたあと、その日の夜から治療にあたったということで「それぞれのゾウに症状の重い軽いはあるが、おなかが張って痛そうな様子で食欲もなく動きも少なくなっていた。栄養を補給するための点滴や痛み止めを投与して対応した」と症状や対応を振り返りました。

また、死んだ1頭を解剖した結果、腸の中で出血が見つかったと報告を受けたということです。

そのうえで原因について「中毒が疑われる。6頭ものゾウに同じ症状が出るのは同時期に同じものを食べたりしないかぎりは考えにくい」と述べました。

川上さんは「2頭のゾウが死んでしまったのは治療にあたった身として非常に残念だ。ほかのゾウは治療中で現在回復傾向にある。今後はゾウを専門的に研究している海外の大学に検査を依頼し原因について詳しく調べていきたい」と話していました。

坂本園長「貴重な宝を一瞬で亡くしてしまった」

「市原ぞうの国」の坂本小百合園長は「2頭のゾウは子ども同然でした。『プーリー』は世界一と思えるくらいおっとりしていて、とてもいいゾウでした。『ミニスター』は、かわいく本当に頭のいいゾウでした。貴重な宝を一瞬で亡くしてしまったことに対して、ことばが出てこないくらいにつらいです」と話しました。

そのうえで今後について「『プーリー』には小さい子どももいて、残された子どもたちをしっかり見ていかないといけないという気持ちでいっぱいです。治療中のゾウも食事をとれるようになったので原因の解明にも努めていきたい」と話していました。

来園者「本当にショックです」

「市原ぞうの国」に来園した人たちからは「プーリー」と「ミニスター」2頭のゾウの死を悲しむ声が聞かれました。

たびたび来園し、2頭を見守ってきたという40代の女性は「年間パスポートを買って毎月来ている時期もあった。『ミニスター』はショーでサッカーボールを鼻で抱えて蹴る姿がとても迫力があって大好きだった。『プーリー』はいちばんおっとりしていて、ほかのゾウに餌を取られたりしていたが、子どもを産んで本当にしっかりものになった。2頭が亡くなってしまって本当にショックです。老衰で先に死んでしまったゾウたちと天国で仲良く遊んでほしい」と話していました。

また、家族で来園していた50代の男性は「大事に飼われていたことも知っているしゾウ自体が長生きな動物だと聞いていたので、びっくりしていると同時に非常に残念で寂しい。天国でまた仲間たちと新しい生活を過ごしてほしい」と話していました。

国内での繁殖の原動力になった「プーリー」

「市原ぞうの国」は国内で最も多い12頭のゾウを飼育してきたことに加え、世界的に数が減っているゾウの国内での繁殖にも大きな成果を上げ注目されてきました。

その原動力となっていたのが今回、死んだ2頭のうち1頭、アジアゾウの「プーリー」でした。

プーリーは今から19年前にインドからオスの「テリー」などと一緒にやってきました。

平成19年にはテリーとの間にメスの「ゆめ花」を出産しました。これはアジアゾウとしては国内で2例目でした。

さらに、国内で初めてとなるみずからの母乳による自然哺育で「ゆめ花」を育てました。

その後も「りり香」「もも夏」を産み、合わせて3頭の子どもを産み育てました。

別のメスが産んだものの、育児放棄されたオスの「結希」に対しても“乳母”として母乳を与え、自分の子と一緒に育て「子育て上手なお母さんゾウ」として知られていました。

ゾウは東南アジアやインド、アフリカなどに生息していますが、開発による環境の変化や密猟などの影響で大きく減少しています。

このため輸入は厳しく制限され、日本動物園水族館協会によりますと、国内で飼育されているアジアゾウの数は59頭、アフリカゾウは25頭と減少傾向にあり高齢化も進んでいて、国内でいかに繁殖を進めるかが課題になっています。

園は子育ての経験が豊富なプーリーが死んだことは国内の繁殖の面でも大きな損失だとしています。

また、死んだもう1頭のゾウ、メスのミニスターは、34年前にタイから日本に来て若いゾウのお姉さんのような存在だったほか、ゾウのパフォーマンスショーではボールを上手に蹴ったりダンスを披露するなど、人気者だったということです。